【メモ少年】篠田直哉の大学は?ロバートを学園祭によんだという噂は?

ロバート秋山の追っかけのメモ少年という方が話題です!

子供のころから熱狂的なロバートファンで、「ロバート」への愛一本で、ロバートとの接点の機会を何個も作りました。

そしてテレビ局に入局し、とうとうロバート秋山さんだけの特番を2年連続作ったというとてもすごい方です。

そんなすごい彼ですが、大学もロバートへの熱い思いから選んでいて、ロバートの為の4年間を過ごされました。

一体、どこの大学へ行き、どのようにして過ごしていたのでしょうか?

目次

メモ少年の出身大学は?なぜこの大学を選んだ?

小学校の頃からロバートの大ファンだったメモ少年。

そんな彼はどこの大学出身なのでしょうか?

結論から言いますと、メモ少年こと篠田直哉さんの出身大学は、法政大学社会学部です。23

法政大学社会学部の偏差値は、55.0〜62.5となっています。(やや難関です。)

もともと、大阪出身である篠田さん。

なぜ法政大学の入学を希望したのでしょうか?


希望した動機は、小学校までさかのぼります。

ロバートのライブで、一言一句逃したくない!!といつも真剣にメモを取っていたメモ少年。

その姿は、小学生の頃にはロバートに認識されようになります。

「誰だ!?なんだ?あの一心不乱にメモを取っている少年は!?」とロバートに呼ばれ舞台に上がったこともあるそうです。

そんなあまりにも真剣にメモを取る姿に「そんなに俺らが好きならロバートのマネージャーになってくれよ!」と言われ、篠田さんはその冗談をまっすぐ真に受け必ずロバートのマネージャーになるぞ!!と決心。

その後は吉本興業に入社する為、真剣に勉強に取り組む日々を過ごしました。

そして高校は進学校である「大阪府立池田高等学校」に進んだそうです。

ただ、いろいろ考える中でマネージャーではなく、メディアを作る側に回り、そこにロバートを呼ぶ方がもっと世の中にロバートを広められる!と考えるようになりました。

そこで物理的にロバートに近づける東京にあり、かつメディア製作が学べる法政大学社会学部に入ったそうです!

ロバートと働く夢の為に大学を選ぶというところが、健全なストーカー「ホワイトストーカー」とも呼ばれる篠田さんらしいエピソードですね!

ロバート好きすぎてを学園祭によんだとの噂は本当?

ロバートを追いかけて東京の大学である、法政大学に進学した篠田さん。

入学した時には、ロバートが好き過ぎてロバートのお笑いをみんなにも見てもらいたい!!学園祭にロバートをよびたい!という野望を持ち始めます。

そして彼は、入学翌年には学園祭の実行委員になり、お笑い担当の責任者になります!

ちなみに学園祭といえばミュージシャン、文化人、お笑い芸人等複数組が出演するのが普通でした。

しかし、篠田さんは「ロバートの単独ライブ」を企画して、それを押し進めていきます。

そしてなんとこの夢の「ロバートの単独ライブ」現実のものとします!!

右の画像が当時のイベントのポスターです。

通常お笑いのライブは10分ほどの出演時間ですが、なんとたっぷり1時間も開催!!

ちなみに、ライブ開始前の待ち時間も秋山さんの歌ネタが流れ、その時点で笑いが起きていたとのこと!

そして、会場には前代未聞の3000人のお客さんが集まり、大盛況に終わったそうです。

ロバートに近づくために大学を選び、そして実際にロバートをよんじゃうメモ少年!さすがです。

とにかく楽しみながら有言実行する姿、本当に素晴らしいですよね!!愛を感じます。

まとめ

以上、メモ少年こと篠田直哉さんは法政大学に通っていて、法政を選んだ理由、また在学中もロバートへの愛にあふれた様子がわかりました。

今後も、どんどん世の中にロバートを布教していってくれることでしょう!!

そんな彼の今後の活躍に期待していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次